1. 車番認識TOP>
  2. 業種・利用例>
  3. 製品の特徴>
  4. 導入について>
  5. よくあるご質問>
  6. 製品の仕様

車番認識LPRシステムの製品の仕様


> 車番認識、LPR、ナンバープレート認識のポイント図 システム構成

車番認識LPR、ナンバープレート認識の図


車番認識。LPR、ナンバープレート認識のポイント図 ネットワークカメラ

ナンバープレートを撮影して画像をPCに送信します。解像度、シャッター速度、フレームレート等の設定が可能で、バリフォーカルレンズの交換、接続が可能であることが必要です。

※カメラについては別途接続についての対応、テストが必要です。
※アナログカメラ及びUSBカメラの接続も可能です。

車番認識LPR、ナンバープレート認識のポイント図 PoE供給スイッチングハブ

ネットワークカメラとPC間のEthernet通信とネットワークカメラへの給電を行います。

車番認識LPR、ナンバープレート認識のポイント図 PC

ネットワークカメラから受信した画像を解析、補正してナンバープレートを読み取ります。読み取ったナンバー情報をテキスト(CSV)、静止画(JPEG)、動画(AVI)として保存します。



車番認識、LPR、ナンバープレート認識のポイント図 認識性能

車番認識、LPR、ナンバープレート認識のポイント図 対象ナンバープレート

本システムは下記のナンバープレートを認識の対象とします。

@自動車登録番号標(大型番号標)
大型トラック、特殊車両、大型バスなど。

A自動車登録番号標(中型番号標)
普通車、小型自動車、軽自動車(検査対象外軽自動車を除く)、特殊自動車など。

※1ただし下記ナンバープレートは対象外とします。
外交団用ナンバー、外交団大公使館の長用ナンバー、代表部用ナンバー、領事団用ナンバー、防衛省自衛隊用ナンバー、臨時運行ナンバー、回送運行許可ナンバー、駐留米軍車両ナンバー
※2字光式ナンバープレート(点灯時)、汚れ、破損、変形のあるナンバープレート、赤外線遮断カバーを装着したナンバープレートは検出不能または誤認識の可能性があります。


車番認識LPR、ナンバープレート認識のポイント図 認識項目

本システムは、ナンバープレートのすべての情報を認識します。

@地名
A分類番号
Bひらがな
C一連指定番号
D自家用/業務用

車番認識LPR、ナンバープレート認識の図



車番認識LPR、ナンバープレート認識のポイント図 認識可能速度

最大80q/hまで検証済み

車番認識LPR、ナンバープレート認識のポイント図 認識可能角度

@水平方向:±45°以内(±30°以内を推奨)
A垂直方向:±45°以内(±30°以内を推奨)
B回転:±30°以内
※垂直方向については、夜間に車両のヘッドランプの光軸がカメラのレンズに直接入射しないようにするため約120m以上の高さになるように設置してください。

車番認識LPR、ナンバープレート認識のポイント図 認識可能距離

@焦点距離2.8〜8mmのバリフォーカルレンズ使用時:約4m以内
A焦点距離5〜50mmのバリフォーカルレンズ使用時:約15m以内

※カメラの視野幅が2m以内で、ナンバープレートの水平方向画素数が120px以上となるようにレンズの焦点距離を調整してください。

車番認識LPR、ナンバープレート認識のポイント図 認識率

本システムユーザー(有料地下駐車場出入口)における実証値は下記のとおりです。

@地名:99%
A分類番号:97%
Bひらがな:96%
C一連指定番号:99%
D自家用/業務用:99%

※認証率は、撮影環境、カメラ等の機材及びその設定などに依存します。すべての環境において上記認識率を保証するものではありません。




システム・導入について、サポートや御見積などご不明な点は、
お気軽にご相談ください。

     車番認識LPR、ナンバープレート認識のお問い合せ